稚児行列
稚児行列
ナナカマドも赤く実った10月6日、札幌八幡宮にて稚児行列が行われました。 
この行列は、子供達が身に特別な衣装をまとい、神様に仕える姿になって町内をねり歩き、健康を祈願致します。
稚児行列は、札幌八幡宮の記念大祭に合わせて、秋のお祭りに5年に1度行っております。
まずはお化粧から
午前10時、北広島市農民研修センターに稚児参加者が集合。
衣装を着る前にお化粧をします。
びっくりして泣いてしまった子供や、嬉しくて走り回ってしまう子供もいる中、親御さん達も楽しまれておりました。
着付け

佐藤広成君7歳

佐藤綾香ちゃん4歳
お化粧が済んだ後は、衣装の着付けです。
お父さんやお母さんに可愛らしい衣装を着せてもらいました。
いよいよ行列
出発前に北広島農民研修センター玄関前にて全員記念撮影。
宮司が先導し、町内をぐるりと廻って約400メートル歩いて札幌八幡宮まで行進します。
途中、お神輿の行列とすれ違いました。
ここで慣れない足袋と草履を履いている為か足が疲れて立ち止まってしまう子供さんもおられました。
やっとの思いで鳥居前に到着!
次はご祈祷です。
ご祈祷
宮司が太鼓を叩き、ご祈祷が始まります。
宮司が子供達にすくすくと育つよう願いを込めて「カシャカシャカシャン」と鳴り響かせながら一人ずつ金幣拝戴(きんぺいはいたい)を致します。
深々とお辞儀をする子供もおられました。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)終了後、参加された14名全員に記念品を贈呈致しました。
全ての儀式終了後、記念品を手に記念撮影「ハイ!チーズ!」
みなさんお疲れ様でした。

【子供相撲大会】 【宵宮祭】 【本神輿渡御】
【演芸会】 【神輿渡御】 【なおらい】
【秋季大祭】 【稚児行列】 【年間行事に戻る】
【ホームに戻る】